エッグコドラーの大きさ

最終更新: 2018年7月5日

エッグコドラーの大きさは4種類あります。センス・オブ・イースでは以下の4つのカテゴリで表記いたします。

比較すると左から(S)スタンダード(K)キング (J)ジャンボ(M)マキシム・・・です。普通じゃなくてごめんなさい。便宜上、S/M/Lにしようかな?とも思ったのですが、製造元のRoyal Worester がこの表記なのでそれに合わせることにしました。

エッグコドラーを集めるうちにこの表記の謎が解明できたらブログでお知らせしますね。知っていたら教えてください。

卵S寸と(S)スタンダードとの比較画像も載せました。卵とほぼ同じ大きさですが、黄身と白身は器に収まります。でもチーズとかハムも入れたレシピの場合は、(M)ミドル以上が余裕があっていいです。コレクションなら、集めやすさと可愛さから、断然(S)スタンダードがオススメです。

#北欧 #英国 #インテリア #ヴィンテージ #アンティーク #ライフスタイル #ロイヤルコペンハーゲン #アラビア食器 #風景#空のある風景 #ホーンジー #スージークーパー #エッグコドラー #eggcoddler


56回の閲覧

最新記事

すべて表示

ウエッジウッドのエッグコドラー

エッグコドラ―と言えば、長年に渡り多品種を作り続けていたロイヤルウースター社が有名ですが、他の窯元からも同じ仕様(陶器の本体とリングの付いたステンレスの蓋)でたくさんのデザインが装飾され発売されていました。その中の一つにウエッジウッド社があります。 ウエッジウッドもまた、数種類のエッグコドラ―を販売しています。残念ながらどこの窯元もエッグコドラーの販売を終了してしまいましたが、ウエッジウッド特有の

Copyright © 2018 sense of ease, All rights reserved.